読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノラブログ。               

 
 
 
 
 

【雑記】胃胃胃胃胃胃胃胃胃胃胃胃胃胃胃胃

 

 ぽんぽんがいたい!

 ぽんぽんがいたい!


 一ヶ月ほど前からなにやらお腹がグロッキーってことで、人生初の胃カメラ大腸内視鏡検査に行ってまいりました。誰得話題なのは承知、何を隠そう俺得話題だ。とりあえず初体験ということで、レポってほど詳細ではないにせよこの場を借りて簡単に起きたことを書き留めておこうと思う(あ、汚い単語は極力出しません。念のため)。

 


 とりあえず今月1日に職場の近くの総合病院に向かう(3時間待たされた)。血液検査、尿検査、エコー(超音波)検査いずれも全く異常なかったので、「んじゃ一応カメラ入れてみる?」「オナシャス」みたいなやりとりがあって3日に検査に至る。

 

 話には聞いていたんだけど、内視鏡って事前準備がたいへん面倒でしてね。
 胃腸の中を空にしなきゃいけないってことで、まず売店で1500円くらいで検査食としてレトルト食品のセットみたいなの買わされるのよ。中身は基本おかゆで、味はいかにも病院食って感じで薄くて不味い(コーンスープとおやつ用のクッキーはそこそこ美味しかった)。腹も膨れないし、なんか人間美味しいもの食べないと気持ちまで落ち込んでくるというのは本当で、検査前日は仕事しながらひたすらブルーでしたよ。夜7時以降は何も食べちゃダメって言うし、何時に飲めとか指定された錠剤いくつか渡されるし、めんどくせぇ。

 

 あと、2リットルのペットボトルと粉末の清涼飲料水みたいなの渡されます。これがいわゆる下剤であって、検査当日は朝からひたすらこれを溶かしたものを飲まなきゃいけないんだけど、これが先ほどの検査食に輪をかけてクソ不味い。ポカリをすっげぇ薄くして、塩と砂糖の配分をパーフェクトに間違えて最後に味の素をバーッと振りかけて三日間常温で放置したみたいな味。それを2リットル飲み切らなきゃならないんですよーもう苦痛、苦痛。胃も腸も心もカラッポになったところでいざ病院。あのー、腹痛よりキツいんですけどこれ。

 

 

 さていざ検査となるわけだが、迷わず全身麻酔を選択して一瞬で眠りに落ちましたんで、苦しくて宇宙人のような声を発しながら暴れたとか、看護師さんのおっぱいにときめいたとかそういう面白エピソードはありません。ざまぁみろ。でも後ろの童貞を奪われた瞬間はかすかに覚えてる。男に。もうNORAはお嫁に行けません。泣きたい。

 


 あ、気になる結果ですが、「ポリープも炎症もないし、なんも異常ないよ」とのことでした。いやそれはグッドニュースだけど、じゃあ腹痛の原因なんやねん。「神経性のものじゃない?」うーん、そんなにストレス溜めてる自覚ないんだけどな。処方箋出るんですか?出ません。あ、そうなんスか…3-4年後にまた検査してね。はぁ…ありがとうございました。
 検査代9,200円なり。高いような安いような。

 


 すぐメシ食っていいよってことだったので、松屋に入ってねぎ玉牛めしを食してきました。
 (゚д゚)ウマー 肉が普通に食えるって素晴らしい。

 


 そんなわけで、人生初の胃カメラ内視鏡レポでした。
 今後のために何かの(何のだ)参考にでもしていただけたら幸いです。